木材を使用するメリットと「東濃桧」

丸八住宅株式会社では、注文住宅コンセプトハウスも、構造の基本は国産材を使用します。

国産材には集成材や鉄骨、コンクリート外材には無いメリットがたくさんあります。

消費者個人としてのメリット

1.身体にやさしい木造住宅

湿度調整機能に優れる

人は湿度が高すぎると不快感が増し、低いと風邪をひきやすくなる等、湿度が体に与える影響は大きなものがあります。日本の気候は梅雨時にはジメジメし、秋冬は乾燥しがちです。木造住宅では湿度を上手にコントロールし、住まいの湿度が高くなると余分な湿気を木が吸い込み「サラサラ感」をもたらす「吸湿機能」を発揮し、住まいの湿度が低くなるとため込んでした湿気を放出し「うるおい感」を「もたらす「放湿機能」を発揮します。

柔らかな光と手触り

紫外線は、皮膚に悪影響を与えることはもちろん、目を疲れさせたりもします。木材はコンクリートやアルミニウムに比べ紫外線を吸収し反射させにくい性質を持っています。内装に木材が張られている室内では、光が柔らかくなり落ち着いた明るさの空間となります。また、熱の伝わり方が穏やかな性質を持つ木材は、夏はひんやり感、冬はあったか感を実現できる材料です。また、木の手触りが血圧を下げるという調査結果も得られています。

ほどよい硬さが衝撃を和らげる

木材にはコンクリートや鉄に比べると、ほどよい「硬さ」と適当な「たわみ」があります。また、木造軸組工法住宅は、その構造がバネのようになっており、疲れにくい建物になっています。また転んだ時も、ほどよい硬さが衝撃を吸収してくれるので、怪我をしにくいのも特徴です。

自然な素材が心身を癒す

アンケート調査によれば、学校で1日の多くを過ごす先生や子供たちが、コンクリートの校舎よりも木材校舎の方が疲労感が少なく、保健室の利用も少ないことが分かっています。まだまだ原因は明らかにされていませんが、精神的・感覚的な快適感が、身体によい影響を与えているのではないでしょうか。

インフルエンザ等にかかりにくい

木の調湿機能や木の香りに含まれる抗菌作用の効果などにより、木造校舎の学校では、インフルエンザ等での学級閉鎖が鉄筋コンクリートの校舎に比べ少ないというアンケート結果があります。また、木造の老人ホームでも、インフルエンザや不眠などの発生率が低いという調査結果が出ています。

木の家で長生き

マウスでの実験ですが、木製のゲージで飼われたマウスは、金属製やコンクリート製のゲージで飼われたマウスより長生きすることが分かりました。人間でも同様のことが言えるのではないでしょうか?

アレルギーを起こしにくい

ひのきやヒバなどは、家具やカーペットの接着剤から出るホルムアルデヒドを吸い取り、減らす働きがあります。また、木製フローリングではカーペットに比べて、掃除がしやすく、ダニの生息に適した隙間がないことから、ダニが少なく、アレルギーの発生を抑制します。(但し、木材自体がアレルギーの原因となる場合もあります。)

2.安心・安全な木造住宅

軽くて強い

同じ重さの材料どうしを比べたとき、木材は引っ張りに対する強さも、圧縮に対する強さも、鉄やコンクリートよりずっと強い材料です。また、地震の力は建物の重さに比例して働くので、鉄筋コンクリート造等に比べて、軽い木造住宅は地震に対して揺れが小さくなります。

熱に耐える

木は燃えると表面に炭の層ができ、容易に内部まで燃え進まない性質を持っています。鉄やアルミニウムは高熱により短時間で強度が落ち建物が崩れやすいのに対し、木造では建物の形を維持し続け、避難の時間をかせぐことができます。

3.確かな品質の岐阜県産材

岐阜県産材を使うメリット

「ぎふ性能表示材」なら品質保証

「ぎふ性能表示材」とは、JASに準じ岐阜県が定めた含水率や、曲げの力に対するたわみにくさ等の基準をクリアした木材です。木材は乾燥が進み含水率が下がると、その後の反りや狂いが生じにくく、また木材ごとの曲げに対する強度が分かれば適材適所な木材利用が可能となります。「ぎふ性能表示材」は、ぎふ性能表示材認証センターより認定を受けた工場で製材され、検査を受け、基準を満たしたもののみが流通しているので、その品質は保証付きです。

岐阜県産材を使うメリット

プレミアム木材「東濃ひのき」

伊勢神宮の式年遷宮に置いて、外宮の用材にも使用されている「東濃ひのき」は、無節または節が少なく、材色がピンク色で艶があり、香りがよい等優れた特徴を持った木材です。

国民(市民)のメリット

1.地域経済のために

岐阜県産材を使うメリット

雇用を守る

地元の山から木を伐りだし、地元で製材加工し、その材木で家を建てることにより、地域の中で資金が循環し、地域経済が活性化します。また、このことは地域の森林を育てる人たちの雇用を守ることにつながります。

岐阜県産材を使うメリット

人材を育てる

木材関連産業において安定的に雇用が確保され、地域の若者が働くことのできる環境が維持されれば、伐採・製材加工・建築等それぞれの分野で技術の伝承が行われ、次世代を担う人材が育ちます。

2.国土の保存のために

岐阜県産材を使うメリット

土砂の流出・洪水を防ぐ

木材の利用が進み森林から木が適度に伐り出されると、森林の奥まで日光が差し込んで地表付近にも下草が茂り、樹木は広く深く大地に根を張って土砂の流出を防ぎます。また、雨水が森林の土壌へ浸透する量も増え、ゆっくりと川へ流れるため洪水を防ぐことにもなります。

岐阜県産材を使うメリット

豊かな水源を育む

豊かな森林の土壌では、雨水が大地に浸透していく過程で、きれいにろ過されていきます。木材を使用することを通じて森林を豊かにすることは、回りまわって私たちにおいしい水をもたらしてくれることにつながっています。

3.地球温暖化防止のために

岐阜県産材を使うメリット

少ないエネルギーで家づくり

家づくりに必要なエネルギー量を比べてみると、材料製造にエネルギーを消費しない木造軸組工法は鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べ少なくてすみます。また、材料が軽いため、輸送にかかるエネルギーも少なくてすみます。県産材なら木材の移動距離も短く、なおさらです。

二酸化炭素を閉じ込める

森林の木は、建築用の木材となり第2の人生を送っている間、その中に蓄えた二酸化炭素が大気中に放出されるのを防いでいます。すなわち木造住宅は、炭素が気に閉じ込めている時間を延ばし、大気中の二酸化炭素の量を抑制する事に貢献しているのです。

持続的に多くの酸素をつくり出す

木は、二酸化炭素と水を原料に光合成を行い成長していきます。成長期の若い木は、より多くの二酸化炭素を出しますが、成長の止まった気はその量が少なくなります。苗木を山に植え、育て、伐って利用し、また植えて育てるというサイクルは、常に山に若い木が育っている状態を作り出し、二酸化炭素をより酸素に替えることにつながるのです。

集成材や鉄骨、コンクリート外材には無い特長を持った国産材の家。
手の届く費用でエコハウスが建てられ、ハウスメーカーにはないこだわりも取り入れる事ができます。

注文住宅づくり
コンセプトハウス

東濃桧 白川の家

岐阜県白川町は独特の地形・気候に恵まれ、良質なひのきを産出する町です。
その山から生まれるのが「東濃ひのき」。
主に加茂・恵那地域を中心にした東濃地域で産出されている檜ブランドです。
色は淡いピンク色。
艶・香りもよく、年輪幅は細かくて均一、芯が円心のあり曲がりも少ない「美しくて強い木」です。
「白川の家」は、この東濃ひのきをはじめ、良質の地元素材を用いて造る家です。


参考図書:教えて!木造軸組工法の家(一般社団法人 日本木造住宅産業協会)
最新データによる木材・木造住宅のQ&A(木構造新振興株式会社)
「素晴らしい木の世界」(岐阜県木材協同組合連合会)

勉強会
資料請求
見学会
R+HOUSE
施工エリア
岐阜県・愛知県
※その他地域に関してはお問い合わせください。
リフレクティックス