高性能を追求した快適で高耐久な住宅

家族の思い出を刻む高性能住宅

デザインが自分好みでも、夏は暑く冬は寒い住宅だとしたら・・・?
家族の思いを刻む住まいだからこそ、快適に健康に、長く暮らせる住まいにしたい。
そんな願いを叶えます。

R+house が提供する "快適な住まい"

"快適な住まい"とは部屋の中が適温に保たれている家のこと。暑い夏でも室温が上がりすぎず、寒い冬でも足元が冷たくならない。正しく断熱して、気密性能を高め、計画換気を行えば、"快適な住まい"は実現できます。
R+house」には、そのための工夫がたくさん詰まっています。そして、"快適な住まい"は同時に光熱費も少なくて済むという、嬉しいおまけ付き。
また、暮らす人の健康もサポート。住むほどに嬉しいことが増え続ける住宅なのです。

高気密・高断熱住宅

R+house は性能(機密・断熱)にとことんこだわっています

■ 「高気密住宅」とは?

「C値」で表されます。住宅の気密性能をあらわす指標のことで、ゼロに近いほどすき間が少なく、気密性能が高いと言えます。

住宅の隙間を減らすことで熱損失を少なくするので、冷暖房用エネルギーの消費低減ができます。また、計画的な換気をコントロールしたり結露を解消するなど、生活環境の快適性を高めた住宅です。


■ 「高断熱住宅」とは?

「Q値」もしくは「UA値」で表されます。住まいの断熱性能を示す目安で、熱の逃げにくさを表しています。

住宅の外部と接する部分(外壁、屋根、窓など)から熱が伝わらないように、室内と室外をエネルギー的にはっきり区切ることを「断熱」といいます。断熱工事によって、熱エネルギーの行き来が少なくなった状態が「高断熱」です。冷暖房効果が高いので、省エネルギー性能が高く、環境への負荷も少ない住宅といわれています。

■ R+houseの気密性・断熱性は?

C値 高気密の指標 相当隙間面積)

住宅の気密性能は、床面積 1㎡ あたりの隙間面積で示され、数値が小さいほど気密性能が高いことを指します。
日本の一般レベルは5.0(cm²/㎡)です。

Q値 (高断熱の指標 熱損失係数

UA (外皮平均 熱貫流率

Q値・UA値は、住宅の断熱性能を示す指標で、小さいほど優れています。次世代省エネ基準をクリアする一般基準は地域によりますが、一般的なⅢ地域・Ⅳ地域(東北の一部~九州の一部まで)では右図の通りです。

長期優良住宅

長期優良住宅の省エネ基準をはるかに超える R+house 
■ 長期優良住宅とは?
目的住宅ストックの活用

  • 環境問題に貢献
  • 消費者の住宅取得費の軽減
  • 中古市場の活性化・・・選択肢の増加
  • ストックビジネス(点検・リフォーム・中古住宅の売買など)の育成
方法長寿命住宅の認定制度
■ 長期優良住宅に対する税の特例処理

 ローン控除の増額、登録免許税の減税、不動産取得税の控除額アップ、固定資産税の軽減など
■ 長期優良住宅チェック項目
■ R+house ができるまで

 >>詳細はコチラ

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ
勉強会
資料請求
見学会
R+HOUSE
施工エリア
岐阜県・愛知県
※その他地域に関してはお問い合わせください。
リフレクティックス